県内企業のDX推進のため独自の人流センサーによるIoT実証実験を開始

 ふくいDXオープンラボは、DXラボが独自で開発した、オリジナル人流センサーを活用したIoT実証実験を開始します。

実験を希望する企業に3ヶ月機器を無償で貸し出します。

 

 実証実験の目的は、IoT機器の利用の必要性は理解しているものの、費用対効果や技術的なハードルで利用を躊躇している企業が多いことから、県内企業に設置し現場で体験することにより、IoT機器によるデータ化の利便性と必要性を体感するとともに、その内容を広く周知することで県内企業のDX推進の一助とすることです。

 

 第1号の案件として令和4年1月25日(火)から、株式会社鯖江第一ホテルと連携し、浴室人数のモニタリングの実証実験を開始しています。

1.概要

 オリジナル人流センサーは、

〇ふくいDXオープンラボが独自で製作したもの

〇光電センサーをRaspberry Pi (ラズベリーパイ)*で動作させ、人の通過をカウントする仕組みで、比較的安価かつ簡単なプログラ

 ミング知識で作成可能

○希望する企業に無償で貸出しを行う

○活用方法については、ふくいDXオープンラボの専門家が適宜アドバイスを実施する予定

といった実験機器になっています。

 

※Raspberry Pi (ラズベリーパイ):CPUや周辺機器など、最低限の部品による小型で比較的安価なコンピュータ

 


2.対象

 実験を希望し、以下の条件を満たす県内企業を対象とします。

・設置について、事前にふくいDXオープンラボの専門家のアドバイスを受けている

・データ等の共有や、ふくいDXオープンラボからの照会、調査に同意している

3.期間

 貸出しの期間は3ヶ月です(希望する場合、協議のうえで期間は延長できます)。

4.貸出機器

 オリジナル人流センサー  一式

(入退室の人数を確認するためには、インターネットでブラウザに接続できる機器(PC、タブレット等)が必要です。

 機器およびインターネット環境は、企業側でご用意ください。)

5.成果およびデータ

 オリジナル人流センサーは、空間への入退室人数や在室人数をデータ収集し、グラフによる見える化や、混み状況を通知するといった活用法が考えられます。

 ふくいDXオープンラボは、利用状況やデータ等から、より精度の高い入退管理の方法を検証し、福井発のDX推進モデルの一つとしての普及を目指します。

6.第1号実験について

 本実証実験の第1号が、令和4年1月25日(火)より、株式会社鯖江第一ホテルにて始まりました。

この第1号実験では、浴室の人数を把握し、浴室人数の見える化や、混み具合の通知ができるかの実証実験を行います。


7.申請方法

 実証実験を希望する企業は、以下の人流センサー貸出概要をご理解いただいたうえで、問い合わせ先までお問い合わせください。貸出し可となった場合には、利用申請書を提出する必要があります。

ダウンロード
人流センサー貸出概要.pdf
PDFファイル 167.9 KB
ダウンロード
利用申請書.pdf
PDFファイル 90.9 KB

8.お問い合わせ先

公益財団法人ふくい産業支援センター

新産業支援部  DX推進グループ

TEL:0776-67-7416

E-mail:dxlab@fisc.jp