· 

【レポート】メタバース勉強会

 ふくいDXオープンラボでは、「メタバース」「VR」をテーマに情報交換や、ビジネスへの有効活用を目的とした、勉強会を令和4年5月12日から継続的に実施しています。

メタバースとは?

 「メタバース」という言葉には様々な定義がありますが、Meta社(旧:Facebook社)によると、

"「メタバース」とは、同じ物理的空間にいない人々がともに創造し、探求することのできる仮想空間を意味します。そこは友人との何気ない時間、仕事、遊び、学び、買い物、創作活動などを楽しむことができる空間です。必ずしもオンラインで過ごす時間をさらに増やすためのものではなく、オンラインで過ごす時間をより有意義なものにすることを重視しています。"

という説明で定義されています。

 

 一般的には、インターネット上の3次元仮想空間を指すことが多く、「VR(仮想現実)」「XR(クロス・リアリティ)」といった技術による体験を表す言葉として、急速に認知度が高まっています。

 あたかも自分が仮想空間にいるような感覚で、様々な新しい体験ができる「メタバース」は、ソーシャルやエンターテインメントなど、既に色々な分野で活用され始めています。

 

その中でも、この勉強会ではビジネスでの活用に焦点を当て、実際にVRヘッドセット「Meta Quest 2」を体験しながら、既存もしくは新たなビジネスに、どのように活用できるかを探っていきます。

第1回レポート(令和4年5月26日)

場 所:ふくいDXオープンラボ  スタディエリア

参加者:4名(Meta Quest 2所持者:2名)

 参加者の皆さんは、VRヘッドセット「Meta Quest 2」の基本的な操作は大体分かっている様子でした。

そのため、今回はビジネス会議用VR「Horizon Workrooms」を活用し、VR空間で同じ場所に集まって景色を共有したり、コミュニケーションを取ることにチャレンジしました。

 Horizon Workroomsのアカウント設定の部分や、VRヘッドセットとのペアリングなどで時間を要しましたが、無事に参加者の皆さんで同じ空間に入ることができました。

同じ空間に入った後は、景色を眺めて同じ景色を見ていることを共有してもらったり、ホワイトボードに文字などを書いてもらって、書いたものがリアルタイムに共有されていることを体感されていました。

 ちなみに、Horizon Workroomsに他の人を招待する方法をインターネットで事前に調べていたのですが、かなり複雑で皆さん苦労されている様子だったので、こちらに自分の備忘録も兼ねて記載したいと思います。

1.主催者が必要なもの

・Workroomsアカウント(Workplaceアカウント)

・VRヘッドセット「Meta Quest 2」

Meta Quest 2で使用することを想定しているためか、Meta Quest 2が必ず1台は必要なようです。

Workroomsアカウントは、Workroomsのホームページ(https://www.oculus.com/workrooms/)より作成することができます。

2.新しいチームの作成

アカウントを作成しログインを行うと次に新しいチームの作成に移ります。

アカウント作成時に使用したメールアドレスを入力して認証を行います。

 

新しいチームを作成する。

3.MetaQuest2とペアリングする

ヘッドセット内に表示されたペアリングコードをPC側に入力する。

 

マイルームに接続されました。

次にはMetaQuest2を装着している時に見えている映像が他の人にも見えるように、外部モニタに表示するミラーリングの設定をしました。

 

その一方、先行してミーティングルームに入られた方々は、眼下に広がるバーチャル空間を見回しつつ、テーブル上に出現した黒板に文字や図形を書き込んで、それが壁面の大きな黒板にも反映されてる様子を体験しました。

 

そうこうしている間に全員が揃いまして、アバター同士で会話を行い今回の目標を達成しました。

 

次回はこれを踏まえて動画・資料のデータをリアルタイムに共有する事にチャレンジしたいと思います。

第2回レポート(6月9日9:00~11:00)

場 所:ふくいDXオープンラボ  スタディエリア

参加者:3名(Meta Quest 2所持者:3名)

 

今回は前回のおさらいをしつつ新しい事にも挑戦しました。

 

前回同様順番にログインして一堂に会したわけですが、皆さんアバターを作り込んでいて思い思いの素敵な姿になっていました。状況や季節といったシチュエーションでコーディネートするのも楽しいですよね。

 

隣同士に座った参加者同士でハイタッチをすると、VR空間にいるアバター達もハイタッチして意思の疎通が出来ていました。

ゆくゆくは遠隔地の参加者同士でハイタッチしたいですね。 

 

そして連携設定をしたPCの画面を表示する事にも挑戦しました。

参加者一同が見守る中、ホワイトボードにDXラボの紹介動画が流れて目標達成!

 

このような感じで引き続き参加されてる方も初めて参加の方も、新しい発見やワクワクを感じられる勉強会ですので次回のご参加お待ちしております。

第3回レポート(6月16日13:00~15:00)

場 所:ふくいDXオープンラボ  スタディエリア

参加者:3名(META QUEST 2所持者:3名)

 

今回はMetaQuest2を使ってWorkrooms上でファイル共有に再チャレンジしました。

勉強会も回数を重ねておりますが、毎回進捗状況を見ながら次のステップに進んでいるので、どのタイミングで参加しても安心して学べて新しい事も身に付けております。

 

次回は来月7月7日15時~を予定しておりますのでVRに興味ある方、より有効に使いたい方のご参加お待ちしております。